歯の根の吸収とは聞き慣れない言葉ですが、どのようなことを言うのでしょうか?

専門的には「歯根吸収」と呼ばれますが、文字通りあたかも歯の根が吸収されたように溶けてしまう症状を示します。幾つかの原因で起こりうる疾患ですが、いずれの場合も正確な診査診断、適切な治療を行わないと歯を守れず抜歯になってしまいます。また、歯根吸収自体が比較的稀な疾患であるためむし歯と診断され適切な治療が行われないことも少なくありません。今回はこの歯根吸収についてご説明をしていきたいと思います。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

(歯根吸収。根のほとんどが溶けてしまっています。)症例提供:梅田貴志先生

歯根吸収にいくつかの分類がありますが大きく分けると乳歯が永久歯に生え代わる際に起こるいわば「生理現象としての歯根吸収」と、転倒などの外傷後に生じる炎症性吸収などのいわば「病気としての歯根吸収」に分けられます。

ここでは「病気としての歯根吸収」について触れていきます。

歯に外傷が加わるとその瞬間から歯とその周りの歯周組織では様々な変化がみられます。歯根に吸収が起きるか、それとも何事もなかったように治癒の方向へむかうかは外傷の大きさに関連があると言われています。大きな外傷を受けて歯根吸収が起こっても、適切な診断をし質の高い治療介入を行うことで歯を守ることが可能となります。

歯根吸収には歯の内側から吸収する「内部吸収」と外側から吸収する「外部吸収」があり、内部吸収と外部吸収とでは治療法が異なります。

歯根吸収の特徴(症状・レントゲン写真)とは?また、それを発見する方法はあるのでしょうか?

受傷が軽度の場合、吸収は起こらず無症状なことが多いのが特徴です。

症状もむし歯と類似したズキズキした痛み(歯髄炎症状)やレントゲン上で黒く影を作ったりすることから、むし歯との診断がつきにくいことがあります。
正しい診断を得るために、角度を変えて複数枚レントゲン撮影することで、むし歯なのか、外部吸収なのか、または内部吸収なのかの鑑別を行うことが可能となります。
また場合によってはCT撮影も有効と言えるでしょう。

また、無症状でも歯と歯茎の境目がピンク色になる場合がありますので(ピンクスポット)、こうした所見はむし歯ではなく歯根吸収を疑います。

治療法や予防法はあるのでしょうか?

内部吸収の場合、残念ながら歯根吸収自体の発生を予防することはできませんが、吸収が進行しないようにすることはできます。たとえ診査では歯の神経の生活反応が見られない(神経が死んでいる)状態であっても神経の一部が生きていれは内部吸収は進行することになりますので、レントゲン写真などで徴候を確認したら、速やかに根管治療を行い徹底的に神経の除去を行います。

1

 

 

 

 

 

 

(内部吸収かなり進行した状態です。)

2

 

 

 

 

 

 

 

 

(治療後:歯髄組織を除去し充填材で封鎖しています)症例提供:梅田貴志先生

一方外部吸収の場合は、その発生部位・範囲によって処置が異なります。

歯根の先端で生じた場合はすぐに根管治療を開始します。また吸収の徴候がなくても神経の壊死を確認した時点で根管治療を行うことで吸収を予防することができます。根の先端以外では通常、外部吸収に対しては前述したバリア機能が働きますので神経が露出するほど大きく吸収することは少なく、基本的には治療は不要なことが多いです。

4

 

 

 

 

 

 

 

(外部吸収:注意深く経過観察します)症例提供:小板橋徹先生

外傷を受けた歯を守るために重要なことは歯内療法専門医による質の高い診断能力と適切な根管治療になります。

治療の必要がない歯に治療をしたり、治療が必要なのに治療をしなかったりすることは、いずれも歯の寿命を短くすることにつながります。それを避けるためには正確な診査診断は不可欠です。また治療が必要となった場合にはルールに則った無菌的な根管治療は高い確率で歯髄内の細菌感染を除去することが可能となるからです。

現時点で日本の歯科医療の中で外傷歯に根吸収が起こることを知らない歯科医師は少ないと思いますが、その正確なメカニズムを知り適切な治療方法を実践できる歯科医師は残念ながらそう多くないのが現状です。

歯根吸収は治療のタイミングを逃すと歯の保存が難しくなるため患者さんにとっても非常にショックの大きい結果となる場合があります。
不適切な根管治療は歯の予後を左右しますので、外傷を受けた場合には歯内療法専門医への受診をお勧めいたします。

執筆者:濱田泰子PESCJ7期)