第40回日本歯内療法学会学術大会において新谷武史先生(群馬県高崎市開業)がテーブルクリニックを行います。

テーマは「歯内療法領域のCBCT撮影基準について」です。

日時:2019年6月15日(土)、16日(日)

場所:タワーホール船堀

<抄録>

近年、歯科用Cone beam computed tomography (以下,CBCTと省略)の開発が進み、目まぐるしくX線の画像診断の位置付けが臨床において変わってきているように思える。特に日本は一般開業医でのCBCT保有率が高く、開業時に導入する歯科医師もめずらしくない。

しかし果たして、臨床において明確な基準を持って撮影している歯科医師はどれほどいるのであろうか?X線の撮影は低線量の機種でも必ず被曝を伴う行為である。我々医療従事者は『被曝を伴う行為は、患者の被曝リスクよりも患者利益が高いという場合のみ』というALARAの原則を守られなければならない。

よって、今回はその撮影基準に焦点を絞って近年示されているレビュー文献や撮影のガイドラインなどを参考に検討を行ったので報告する。