第40回日本歯内療法学会学術大会において上松丈裕先生(青森県上北郡開業)がテーブルクリニックを行います。

テーマは「根管治療中における仮封の重要性」です。

日時:2019年6月15日(土)、16日(日)

場所:タワーホール船堀

<抄録>

根尖性歯周炎の原因が細菌であることは、Kakehashiらの報告によって周知の事実である。そのため歯内療法において根管内の細菌を減らす作業と同様に、どのようにして外部からの細菌の侵入を防ぐかは重要な鍵であると考えられる。

そこで今回は治療間における仮封の重要性を伝えるとともに、臨床的に有効と思われる仮封の方法を報告したい。