第40回日本歯内療法学会学術大会において青山登先生(山形県山形市開業)がポスター発表を行います。

テーマは「外傷により陥入した上顎中切歯を外科的整復で治療した一症例」です。

日時:2019年6月15日(土)、16日(日)

場所:タワーホール船堀

<緒言>  歯の外傷は低年齢の時期に多発する傾向があるため、発育段階を考慮した上で、長期的な予後を考える必要がある。また突発的に起こることがほとんどで、迅速かつ適切な処置を行うことが求められる。今回自転車転倒による上顎中切歯の陥入に対し、外科的整復で治療したケースについて報告する。