定期検診は必要です。
根管治療を施術した後、治療後の定期検診をお願いしております。
これは患者さんの歯を守るために非常に重要ですので、ぜひ受診いただくようお願いしております。

 

・治療が終わったのになぜ通院が必要なのでしょうか?
根管治療が終了し、被せ物などの修復治療が終わったら、その歯の治療は一旦完了したと言えます。
しかしながら、適切に根管治療が行われたとしても治癒しない場合や、一度は症状が消えたものの、長い経過を経てから病気が再発してしまう場合があります。
これらの場合は追加の治療が必要になるため、その必要性とタイミングの見極めが必要です。追加の治療が必要な状態にも関わらずそのまま放置すると、最悪の場合、せっかく治療した歯を残せなくなる場合もあります。

・根管治療後の歯を守るために
せっかく時間とお金をかけて治療した歯は、当然長持ちさせたいと思われることでしょう。勿論我々の願いも同じです。しかしながら根管治療が医療である以上、その成功率は100%ではありません。治療後に経過を見ることにより、適切なタイミングで適切な処置を行うことで歯を守ることができる可能性が高くなります。

執筆者 小笠原 正卓PESCJ5期)