第40回日本歯内療法学会学術大会において黒瀬尚利先生(大阪府大阪市開業)が口演発表を行います。

テーマは「術前にCBCT撮影後、自家歯牙移植を行い架工義歯(ブリッジ)にて補綴した一例」です。

日時:2019年6月15日(土)、16日(日)

場所:タワーホール船堀

<抄録>

根管治療とは、その名の通り、歯の保存の”根幹”をなす治療法である。歯の喪失は部位によっては、患者のQOLを著しく損なう。近年、インプラントの発達により、従来の床義歯に頼らず、咀嚼機能を回復することが可能となってきているが、経済的、生物学的要件により、万人が受け入れられる治療法ではない。かたや、自家歯牙移植は、外科療法であるが、インプラントと比較して、経済的、生物学的要件の制限は少ないように思う。

今回、下顎左側臼歯部欠損において、床義歯による咬合回復を拒否した患者に対し、頬側転移した上顎左側非機能第2大臼歯を、下顎左側臼歯欠損部へ移植した。当該移植歯と、当該移植歯遠心に隣接する下顎左側第3大臼歯に対し、コンセプトに則った根管治療を行い、架工義歯(ブリッジ)にて補綴し、患者のQOLの維持に貢献できた一例を経験したので報告する。