西日本歯内療法学会・第18回研修会にて白瀬浩太郎先生(滋賀県大津市)による一般講演を行います。テーマは「根管充填の意義と展望について」となります。

日時:平成30年9月9日(日)

会場:大阪歯科大学 創立100周年記念館

<抄録>

歯内療法学の目的とは、『疼痛の管理』と『根尖性歯周炎の予防と治療』であり、『根尖性歯周炎の予防と治療』に着目すると原因は細菌であるため細菌感染に配慮のある治療が最も重要であると言える。

細菌感染に配慮のある治療とは、無菌的処置の原則を守り、機械的化学的に根管内の細菌を減少させた後、緊密に根管系の封鎖を行うことである。

では、その中で根管充填を行う意義とはどういったものであろうか。種々の文献をベースに、根管充填の目的、根管充填材に求められる条件、種々の根管充填方法とその特徴、歴史的変遷などについて考察したい。

また、根管充填法は今まさに時代の転換期に差し掛かっており、バイオセラミックス系のシーラーを用いたHydraulic Condensation Techniqueが導入されはじめている。

それら新しい方法についてのメリットとデメリットなども含めて先生方と供覧したい。