去る1月27日に関東歯内学会 学術大会にてテーブルクリニックを行わせていただきました。

当日学会には200人弱の学会会員の歯科医師の先生方が参加されており、私を含め10人の先生がテーブルクリニックを行いました。

 

 

 

 

 

内容は各先生方に任されており、私は歯内療法の先生方は今後の発展を注目している再生歯内療法に関してお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

現在までの根未完成歯の治療後のリスクを改善する可能性のあるRETは研究論文がたくさん出されており、アメリカ歯内療法学会でも 非常に今後の発展が注目されております。 本大会ではそのコンシダレーション(推奨)の考察を行い、発表させていただきました。 まだまだ進展のある治療法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後出てくる研究の動向を確認し、今後また発表をさせていただきたく思います。

湯本真幸(PESCJ2期)