2018年9月9日、大阪にて開催された西日本歯内療法学会に参加しました。

これは「歯の根の治療」を専門とする学会です。

 

 

 

 

 

 

この度私は、「根管充填の意義と展望」という題目で発表させていただきました。

内容としましては、根管内の洗浄を終えた後の根管内のスペースを封鎖する工程についての話です。

 

 

 

 

 

 

根管充填の重要性や、従来の方法から新しい材料に至るまで動画を交えて発表させて頂きました。

質疑応答では、新しい素材の人体への為害性はないのかなどのご指摘も頂き、私自身さらなる知識の研鑽が必要と感じました。

 

 

 

 

 

 

専門性の高い学会での発表は緊張しましたが、他の先生方とも交流を深められ、刺激、エネルギーを頂き、このような機会を得られたことに改めて感謝しております。

今後も学び得たことを、多くの先生方と供覧させて頂き、より良い歯科治療を提供できるように努めて参りたいと思います。

 

白瀬浩太郎PESCJ9期)